歯周病の治療方法

歯周病となってしまった場合の治療方法は2つあります。

1つ目はスケーリング・ルートプレーニング。

2つ目はフラップ手術になります。

この2つは歯科医院で行うもので、個人で治すのは困難です。

歯周病の治療法

歯周病の治療法

歯周病の治療方法には『スケーリング・ルートプレーニング』、『フラップ手術』があります。

これらの治療方法にはそれぞれ特徴があり、症状の進行度によって変わります。

スケーリング・ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニングは軽度~中等度の歯周病の方に施される治療方法です。

歯根の表面に付いた歯垢や歯石を除去して歯根表面を滑沢にする方法です。

軽度から中等度の歯周病は殆どがこの治療が適用されます。

フラップ手術

フラップ手術は中等度~重度の歯周病の方に施される治療方法です。

歯肉フラップを形成してルートプレーニングを明視野でおこなうことで病原因子を徹底して排除できます。

フラップ手術により、歯肉が引き締まり、歯周ポケットを浅くすることが出来ます。

薬で歯周病を治療することは可能?

薬で歯周病を治療することは可能?

薬で歯周病を治療することは出来ません。

歯周病の際に処方される薬で抗生物質などがありますが、あくまでも一時的に症状を抑える薬というものです。

歯周病を完全に治すためのものではありません。

ですが、歯茎の腫れや歯周病の原因である菌に効果のある抗生物質は一時的に症状を抑えることが出来る為、病院で処方されます。

抗生物質は病院でしか手に入らない?

抗生物質は基本的に病院での処方でしか入手するこが出来ませんが、医療専門サイトでは取り扱っているみたいです。

薬局やドラックストアなどでは購入できません。

もともと処方されていた抗生物質を再度病院にもらいに行くのが面倒という方は通販サイトを利用してみてもいいかもしれません。

何故、歯周病の薬がないの?

歯周病の薬がないのはバイオフィルムというバリアが形成されていることが関係してきます。

口内には多くの菌が存在し、それらがお互いに結びつくことでバイオフィルムをいうバリアが形成されるので、薬の効果を受けることができません。

ただし、バイオフィルムにも浸透するという「ジスロマック」という抗生剤がありますが、これも一時的に菌の数を減らすだけであり、暫くすると歯周病菌は再発してしまいます。

治療するなら歯科医院に行こう

歯周病となってしまったのであれば、まず歯科医院に行き適切な治療を行ってもらいましょう。

一番良いのは歯周病となってしまう前にしっかりと毎日、口内を清潔に保つことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする