歯周病とは

こんにちは。

皆さんは、日々を過ごしていくうえで歯のメンテナンスをしっかりと行っていますか?

毎日、歯のメンテナンスを行うことで歯周病を予防することができるんです。

歯周病となってしまうと歯を失ってしまったり、見栄えが悪く、歯を出して大笑いするのも躊躇してしまいます。

そのようにならない為にも、しっかりと毎日、口の中を綺麗にしていく必要があります。

歯を失う可能性がある『歯周病』とは

歯を失う可能性がある『歯周病』とは

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の境目を綺麗に清掃が行き届かないと、そこに多くの細菌が停滞し歯肉の辺縁が炎症を起こして、赤くなったり、腫れたりします。

ですが痛みは殆どありません。

歯と歯肉の境目が深くなっていくことを歯周ポケットと呼び、症状が進行していくと歯と歯肉の境目が深くなっていくことで、歯を支える土台が溶けていきます。

最終的には歯が動くようになり、抜歯をしないといけなくなってしまうこともあります。

歯周病が引き起こす症状

歯周病が引き起こす症状

歯周病になることで、様々な病気を引き起こし身体に異常を起こす確率が上がってしまいます。

では、どのような病気だと歯周病を引き起こしやすくなるのでしょうか?

『狭心症・心筋梗塞』、『脳梗塞』、『糖尿病』の方は歯周病になりやすいとされています。

狭心症・心筋梗塞

心筋梗塞は、冠動脈が完全にふさがり、心筋に血液が流れなくなった状態です。

心筋が壊死し、重症の場合は死に至ることもあります。

歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラークが出来血液の通り道は細くなります。

プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

呼吸が苦しい、冷や汗・脂汗が出る、吐き気がする、胃が痛むなどの症状がでた場合、すぐに病院で診察を受けた方がいいでしょう。

脳梗塞

脳梗塞

重度の歯周病患者は、脳卒中や心臓発作を起こす危険性が2倍だと言われています。

プラークが剥がれて血の塊が出来ると、その場で血管が詰まったり血管の細いところで詰まります。

脳の血管のプラークが詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んで来て脳血管が詰まる病気です。

歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。

糖尿病

糖尿病

糖尿病になって高血糖になると、体は尿を大量に出して糖を体外に出そうとします。

そうすることで口の中が乾燥して唾液の働きが悪くなり、口腔内の浄化作用が低下し、歯周病菌が繁殖しやすくなります。

また、高血糖が続くことで免疫細胞の白血球の働きが低下し、歯周病菌に感染しやすい状態になります。

こうしたことから糖尿病になると歯周病のリスクが高まると考えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする